home 
 
 
福田尚代 略歴  1988-2009
 
あるいは作品に関するメモ         随時加筆修正しています 2011 / 2 /  3 4 6 7 12 14 23  24 3/6 31  4/10  6/9  2013 4/3   5 /23 25 26  27 28  6/1 8/28  2016 9/29

 

1988

日記帳の文字をひとつずつ消してゆく。切りとった頁で部屋が埋まってゆく。
10年分のメモと筆跡を繋ぎ合わせて広大な壁一面に貼る。
小学生のころから集めていた「級友達が最後まで使い終えなかったけしごむ」を長く一列に並べる。
レモンやパイ皿でおやゆび大のボートを作る。冬の山小屋へ行く。雪の中に並べる。小さな雪だるまを作って乗せる。帰る。
色とりどりの積み木を作る。その積み木で小さな墓を建てる。西日の中に並べる。
コーヒーカップとソーサーとスプーンを白く塗る。コーヒーを淹れる。スプーンのくぼみにひと言、小さな文字を書く。
単語が書かれた数ミリ角の紙片を貼りながら街を歩く。床の染みや壁のひび、曲がり角や地面の穴、あらゆるところ。
数ミリ幅の紙片を無数に作る。一枚ずつ「生きてる」と書き込む。電話帳を開く。ひとりひとりの余白に貼ってゆく。
 
1989
夏休み、点描画を一日一枚描いて過ごす。ひとつひとつの点を見つめ続けていると、とつぜんそれが言葉にしか見えなくなる。
微細な文字で一冊の本を書き写す。
生まれてからのあらゆる記憶を、極小の文字で大きな三枚の板にぎっしりと記す。
 
1990
少女漫画の瞳の中の星をとり出す。その無数の光を一面に並べてから、吹き消す。
大きな平面一杯に小さな「墓」の文字を鉛筆でひとつずつ書いてゆく。題名は『世界は蜜でみたされる』。
ひとりでロードス島の蝶の谷へ。はばたきに触れる。
 
1991
小さな「蓮」という字を約40万回、万年筆で繰り返し書く。
 
1992
郵便局で働き、回文を書きはじめる。
 
1993
毎日回文を書いていた。郵便局と回文。
 
1994
言葉の通じない国の森へ。以降6年間、度々荒野で夜を過ごす。
回文集『無言寺の僧』制作。
郵便物、切手、折り紙を使ったコラージュに没頭する。
毎週、無人のFMラジオ局の深夜番組で、日本語の物語や架空の手紙を朗読する。恐らく誰も聴いていない。
 
1995
森の中で回文を書く日々。
回文を印字したタイプライターの、黒いカーボンの抜け殻を並べる。 読めないようで微かに読める。漆黒の頁に墨色の文字。
 
1996
回文集『言追い牡蠣』制作。日本語の通じない山の印刷所にて。
 
1997
森や砂浜で、木の枝、石、貝殻を並べる日々。
 
1998
湖の近くへ引っ越す。お屋敷の管理人をしながら、湖の周りを毎日走り続ける。
 
1999
海の近くへ引っ越す。海岸線を毎日走り続ける。
 
2000
収集した古い年代のハンカチの山。色褪せた文字や模様を更に薄く脱色してゆく。すべてを風に飛ばす。
帰国。
 
2001
けしごむに彫刻をはじめる。『漂着物』と呼ぶ。
プラネタリウムの解説の仕事に就く。宇宙について調べ、原稿を書き、機械の操作をしながら、暗闇で話す。
 
2002
青く細い糸をくさり編みに編んで水平線にする。回文が描かれた極小の洗濯物を、糸の波につるしてゆく。
回文の水滴を封じた顕微鏡のプレパラートをミシン針の上に整列させる。
白と青のステッドラーの消しゴムを、砂浜と海に見立てて孤島を作る。色鉛筆の芯の密林。
同じ素材でミニチュアの氷河を作る。
白いステッドラーのけしごむに青い帯と文字が印刷されていて、帯が水平線に見える。文字を所々削りとり、難破に関する別のテキストにする。
回文集『小さくなってのこっている』制作。
細長い原稿用紙の栞を作成する。升目に切り込みを入れて窓に見立てる。 ひとつひとつ開いてゆく。
ろうそくの内部に螺旋階段や小部屋を彫ってゆく。
 
2003
本の頁を半分に折り込んでいたら、異形の生物に出会う。後の『翼あるもの』。
本を切断する。『ハックルベリー』と名付ける。『書物の骨』の原型。
本の栞紐を切り離して洗濯し、脱色する。『書物の魂』と呼ぶ。
鉛筆を細く人型に彫刻する。『牧神』と呼ぶ。
割り箸を出来る限り細く削る、たくさん。ほうき草を育てる。刈りとってほうきを作る。削り屑を掃除する。
本に刺繍をはじめる。苔の小路となる。
家中の本に彫刻をする。
 
2004
回文集『瀕死の神秘』制作。
錠剤をくり抜き、舟形に彫刻する。無数に削って床いっぱいに並べる。
錠剤をくり抜き、托鉢の鉢にする。部屋の隅に並べる。
割り箸の削り屑の掃除を終える。解体したほうきで三角形の巣を作る。「家」と呼ぶ。
少女漫画のせりふを刺繍で消しはじめる。 
 
2005
大学で美術史等の講義をはじめる。
広辞苑の頁を鉛筆で消してゆく。幾つかの単語だけが残される。
小さな小さな折り紙を作る。動物を折る。動物たちを行進させる。とてもとても長い距離。
先頭に豆粒ほどの兎を置く。「行く末、救い」という回文が浮かぶ。
 
2006
この年は、部屋の箪笥やチェストの抽斗の中に蜜蝋粘土で冥府を作っていた。「ふい目にした忌引き 抽斗に冥府」と云う回文が頭に浮かんだ為。
同様の理由から椅子の中に水脈も掘っていた。
 
2007
回文集『飛行縫う戀』制作。
回文集『福田尚代 初期回文集』制作。
大勢の子供たちが最後まで使い終えなかったけしごむの欠片を集める。
白色鉛筆に今は亡き女性たちの名前を刻印する。一方的な恋慕というか。
本に白い刺繍をする。『雪の窪地』と呼ぶ。
岩波文庫の半透明のカバー/グラシン紙には表紙の文字が薄らとうつっている。『戯れに恋はすまじ』は、後の『言葉の精霊』の原型。
 
2008
名刺の文字を刺繍で消しはじめる。小さくなって言葉の線を辿る巡礼。長い距離。
郵便物の文字を微細な刺繍で消しはじめる。
ロードス島のホテルのカードに刺繍をする。
けしごむに緑の糸で刺繍をする。『my mossy gravestone』と呼ぶ。
方眼紙や伏せた紙コップの底に刺繍。
 
2009
回文集『霜の中の仮名の文字』制作。
大学辞職、再び郵便局へ。
回文を活版印刷した封筒を作成。
回文集『寡婦と香草』制作。
『書物の魂』(2003)を洗濯し、アイロンをかける。栞紐の繊維を指でほぐしはじめる。綿状になるまで続ける。『書物の魂、或いは雲』とする。
けしごむへの彫刻の続き(仮題)『円形墓地』制作。
記憶のある限りいつも手許に置いてきた三冊の小さな本に刺繍をする。『書物の銀河』『書物の陽光』『書物の雲』と名付ける。
『翼あるもの』(2003〜)同士が会話をはじめる。(というよりは、彼らが互いに会話をしていたという事実にようやく気が付き、本来の正しい順序に並べ替える。) 
 
 
 
 
 
 
2010-2013  
2014- 2015 中略
2016.9
   
 
 
  
 
 
 
 
 
      
 
 
 
 
Copyright © 2010 FUKUDA naoyo. All rights reserved.

無断転載禁止
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
inserted by FC2 system