home
.
.
◆Rethink Books『今日の宿題』に寄稿しました。詳細
◆ 2017年5月
  『すばる』6月号に9千字程のテキスト「泉」を執筆しました。
 美術館で一枚の絵を見つめる数十秒間に、個々の内面では何が起きているのでしょうか?
 お読みいただけたら嬉しいです。http://subaru.shueisha.co.jp/
.

◆2017年2月 雑誌『東京人』3月号(2/3発売)に、エッセイ『言葉のかけら、その色彩とかたち。』を執筆しました。p9.

◆2016年6月

『芸術批評誌REAR(リア)』37号、特集「詩歌句のしかく」に執筆しました。テキスト「パンくず、涙、斜めからの光、もしくは詩的実体としての美術について」、書下ろしの回文「色の名前」、彫刻作品《塵》《残像》という構成です。p54-57  http://2525kiyo.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/rear37-0387.html
.
◆ 2015年 10月
  『現代詩100周年』 TOLTA に回文「魚が無辺へ」を執筆しました。p200-201 http://toltaweb.jp/?p=1082
.
◆ 2014年12月
   集英社の文芸誌『すばる』1月号(12/6 発売)に、エッセイ「赤瀬川さんという薬包」 を執筆しました。p316-317 http://subaru.shueisha.co.jp/backnumber/2015_01/
.
◆ 2014年 9月
  『マルグリット・デュラス  生誕100年  愛と狂気の作家』(河出書房新社)に、テキスト「エミリー・Lと彼女たち」を執筆しました。p65-67 http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309206592/

2014年 5月

   京都造形大学のウェブ・マガジン 《アネモメトリ 風の手帖》 vol.17 に、テキスト〈消しゴム〉を執筆ました。こちらで全文読むことができます→http://magazine.air-u.kyoto-art.ac.jp/?column=5162

2014年 4月

   集英社『すばる』5月号に、小川洋子さんとクラフト・エヴィング商會による共著『注文の多い注文書』の書評、 「消えてゆく言葉をめぐる往復書簡」を執筆しました。p353  http://subaru.shueisha.co.jp/backnumber/2014_05/

◆ 2011年1月号~2012年12月号(全24回) 集英社『すばる』に「かなかじり」のタイトルで回文を連載しました。
.
◆ 2010年 8月 集英社『すばる』9月号に、「雲」 (しおりを素材とした美術作品《書物の魂》についてのエッセイです)を執筆しました。p210-211
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
inserted by FC2 system